日に焼けるまで田舎の従兄弟セックス 無料 チンジャオ娘最新作

こんにちは。ペロスとパコスです。

今回は「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」という作品について書いてしていきます。

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


サイト内で「日に焼けるまで」と検索すると読めます

 

日に焼けるまでセックス~田舎の従姉弟と姉と弟~ 無料ネタバレ その1

パコス
主人公がいつも眺めている風俗の掲示板にある日、一つの書き込みがされる。

「泉○野団地っていいな。あそこはガチの人妻だろう。結構いい女がいたから昼間っからやりまくってきた。」

伏字にはなっているものの、見覚えのある地名に半信半疑の主人公は早速ネットで検索を始める。やがてその書き込みが本物であり、件の団地で性風俗が行われている事を突き止める主人公。

普通の風俗に飽きてしまっていた主人公は、夫がいない日中に人の妻を己の性のはけ口とできるこの風俗にハマっていく。

 

主人公が通い詰める人妻は今回の物語では3人である。

305号室、竹井美鶴(24)。512号室、朝比奈彩(20)。207号室、古川 優子(31)。

どの人妻も手を出さずにはいられないほど魅力的である。

 

作者の『おるとろ』さんはあとがきでも書いている通り、どの人妻もむっちりとしていて、現実にいたら触りたくなるような人妻ばかりでした。唇やおしり、おっぱいなど肉感が感じられて最高です。

 

それにしても人妻が住んでいる団地で行為に及ぶというのは興奮しますね。実際にあったら私も通い詰めてしまうかもしれません。どのぐらいの部屋数があるのか分かりませんが、全部の部屋を訪れようと思うと時間がかかりそうです。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


サイト内で「日に焼けるまで」と検索すると読めます

 

日に焼けるまでセックス~田舎の従姉弟と姉と弟~ 無料ネタバレ その2

ペロス

ある日、いつも眺めている風俗の掲示板で、一つの書き込みを発見する主人公。

「泉○野団地っていいな。あそこはガチの人妻だろう。結構いい女がいたから昼間っからやりまくってきた。」
伏字にはなっているものの、隣町である地名に半信半疑の主人公。

やがて小さなサイトを見つけた主人公はそのサイトが泉○野団地で客を取っていることを探り当てる。あの書き込みは本当だったのだ。

気が付くと普通の風俗に飽きていた主人公は、夫がいない日中に人の妻を己の性のはけ口とできるこの団地に通い詰めるようになっていた。

今回の物語で主人公の相手をする人妻は3人。

305号室、竹井美鶴(24)。512号室、朝比奈彩(20)。207号室、古川 優子(31)。

どの人妻も爆乳の持ち主であり、手を出さずにはいられないほど魅力的だ。

 

昼で仕事が終わってしまった主人公は翌日の約束だった竹井美鶴の部屋を訪れる。時間が遅めなこともあり、夫の帰宅時間を気にする美鶴だったが、いつも帰宅する前に連絡が来ることを知っている主人公は強引に美鶴を抱きよせる。

最初は嫌がっていた美鶴だったが、主人公のペースになっていく。

 

どの人妻もむっちりとしていて、触りたくなるような女性ばかりでしたが、他の2人とは違って美鶴ちゃんは嫌がっているところを無理やりされてしまうっていうので、興奮しました。続編があったら期待したいです。

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


サイト内で「日に焼けるまで」と検索すると読めます

 

パコス

「泉○野団地っていいな。あそこはガチの人妻だろう。結構いい女がいたから昼間っからやりまくってきた。」

そんな書き込みを見つけた主人公は伏字にはなっているものの、隣町にある団地である事に気づく。

やがて小さなサイトを見つけた主人公はそのサイトが泉○野団地で客を取るためのサイトだと探り当てる。主人公は普通の風俗に飽きていたこともあり、この団地に通い詰めるようになっていた。

 

シャドーでも何となく想像はつきましたが、寝かしつけた子供を抱っこしながら主人公を迎える朝比奈彩。この物語の中では一番若いですが、唯一子供がいます。

そして、胸がでかい!なんとサイズはJカップ!主人公が鷲掴みにしていますが、乳肉がはみ出し放題ですね。

そんな鷲掴みの絵を作者のおるとろさんは大迫力で書いてくれています。

あとがきで「むっちり大好き」と書かれていましたが、本当にむっちりとした人妻だらけでしたね。

今回は3人しか出てきませんでしたが、他の部屋もこのような人妻ばかりなら、全部の部屋を回りたいですね。

そして二人同時とかのサービスがもしあったら是非頼んでおっぱいに挟まれたい。つぶされたい!次回、続編があるようならそんな物語も描いてほしいです。お願いします!

 

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


サイト内で「日に焼けるまで」と検索すると読めます

 

ペロス

「泉○野団地っていいな。あそこはガチの人妻だろう。結構いい女がいたから昼間っからやりまくってきた。」
そんな書き込みを見つけた主人公はサイトを探り当て団地に通い詰めるようになる。

 

207号室、古川 優子(31)。

この物語では3人の人妻が出てきますが、一番の年上である優子。肉付きが他の2人よりもむちっとしていて腰回りがエロい気がします。

その姿に我慢できなくなった主人公は早速ディープキスをしますが、優子が積極的であることに気づきます。
どうやら最近はご無沙汰の様子の優子。「いっぱいかまってあげないとな」という主人公に「いっぱいかまって…」と返す優子はすでに目がトロンとなっている。

主人公がイツモツを出すとフェラ→パイズリ→アナルと初めてのアナルもされてしまう。そのままアナルの中に精子を出されてしまうが、主人公の命令通り、精子を絞り出す優子。

最後の1回はベッドに場所をうつして、レオタード姿の優子に中出しをする。赤ちゃんができてしまう事を気にする優子だったが、主人公から旦那と別れて自分と暮らそうと言われる。

 

眼鏡をはずした優子に興奮している主人公でしたが、眼鏡だったり、普段髪をアップにしている人がおろしたりすると別の人に見えて違った興奮になりますね。こんな団地あったら通いたいっすわ、本当に。次回作も期待したいです。

【無料試し読みはこちら】
▽   ▽   ▽
クリック!


サイト内で「日に焼けるまで」と検索すると読めます